FC2ブログ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

E-TRIPPER2

こんばんは。
またまた、ずるずるもずるずるいったねぇ。
スイバケ事後報告になった。

最近、とある時代遅れのことにはまっていて
のめり込んでしまってそればっかに時間を...
まあ、しょうがない
それが俺の性分なもんで

あと最近ちょっと気になるのが、、、
体調に関してなんやけども、
めまいがしてやばいことがある。
金曜日は昼食後旧にめまいが襲ってきて
医務室行き寸前になってしまって、
そのあと少し回復してたって歩けるぐらいにはなったけど
仕事にならなくて帰宅。
帰宅後、すぐに就寝。
でも、6Hぐらい寝て一度起きたときもまだ回ってて
何時間かしてまた寝た。
おきてもまだちょっとおかしい。。。
外へ出て歩くとまたちょっとおかしい...
おかしいおかしい....
そんな感じです。
そろそろ一度病院へ行こうと思っています。

そんなこんなで、まずはE-TRIPPER2行きます。

まずはE-TRIPPER2のライブ要項は以下。
 場所:渋谷Duo
 日にち:2009/5/15(Fri)
 Open:18:30 Start:19:00
 Adv:3300 Door:3800
 artist:
  Live:Michi/Sweet Vacation/ゲッカンプロボーラー
/Lil'/Jaccapop/壱岐尾彩花
DJ:A-bee
VJ:Door
というラインナップ。
恥ずかしながら、Sweet Vacation以外はMichiしか知らんかった。
けど、またまたいいアーティストを発見した。
今回のはかなりぐっと来た。
ツーことで以下。

まず、ハコに到着したのが、18:40頃
すでに結構な人が入っていたが、SV参戦一発目がパンパンの入りだったので、
ある程度の覚悟があったがそんな感じではない。
よかった。。。今日は落ち着いて見れそう。
と思ったら、知らぬ間にバーカウンターに向かっていた(笑)
いかんいかん。
その前に物販チェキっとかなな。
ということで、チェキっているとスイバケに関しては
新しいt-shirtsが1種類増えていた。
まあそれぐらいだったので、取り合えず1杯飲むことに。
「生!」
と言おうと思っていたが、ジンライムをオーダー。
なぜか、普段は絶対に飲まないんだけともライブハウスに行くと
ジンが飲みたくなる。
不思議。
気分も上々でキョロキョロしながらごゆるりとしている間に
人もガンガン入ってきて300弱ぐらいははいってたんじゃ無いかなと。
で、時間どおりに1発目が始まった。

1発目は壱岐尾彩花
現役女子大生らしいがそんな情報は別に要らない。
そんな感じのイケイケな感じ。
まあ、趣的なところを感じるアーティストではないと思った。
ただ、今のご時世色々なところから引き合いがあるだろう
ということは容易に想像できた。
モデルなんだろうし、歌もそこそこ上手い。
ただ、個人的には気を引く音素もフレーズも雰囲気も無いし、
押し出し的にこの手のアーティストにはあまり興味が無いので。
なんて思っているうちに2曲(だったと思う)15分ぐらいでライブ終了。

結構いろんな意味で期待して望んだので、若干テンション↓。
この時点で、ジンを3杯目(笑)
ただ、この日は転換のときのBGMが酒に合った。(若干勢いの表現)

で、2発目はJaccapop
はい来ました!
こういうのを待ってました。
皆さんに公言します。
このアーティストは非常に良いです!
何せ、ライブから独特の世界が感じ取れるしそのスケールが大きい。
フレーズも多彩でいわゆる才能を感じるサウンド。
サウンドはエレクトリカルなんだけども、
やわらかい、空間的な浮遊感のある感じが漂う。
かといってリズムもガンガン利いてて乗れる。
いや〜、気持ちよく乗れたし、音が体に染み込んだ。
いいですよ、Jaccapop
ただ、第1印象がボーカルが原田郁子や。
原田郁子ってクラムボンのボーカルね。
どうしても、個人的にはそれは前に出てきてしまったが
そんなことはどうでもいいくらいにこのグループの優位性を感じた。
あと、キャラクターが良い。
ボーカルのMIRUちゃんは面白い!
天然だか押しが強いのか良くわからん(笑)
マグカップでドリンクを飲むところがぐっと来た(笑)
Sun君は礼儀正しいながらも、関西人らしく盛り上げる。
非常に印象のいい感じのトラックメーカーだ。
20分ぐらいで、ライブ終了。
え?もっと長く感じた。
MCで言ってたけどデモ音源があるんだけども今日で全部吐いてしまう
とのことだったので帰りにいろいろ買おうと思っててんけども慌てて買いに走った。
現在、私か〜〜やんのヘビーローテンション中。
良い音源を買った。

ん〜俄然乗ってきた。
もうこうなったら止まらない
4杯目はテキーラに
ん〜、美味い(笑)

3発目はLil'
なかなか、LoFiなPOPな感じの出で立ちで元気良く登場。
曲はPOPな中にも適度にマッドな感じが散りばめられていて
聞き応えはあった。
ただ、歌は上手い。
ライブ終盤で披露した超高音美声ははっとした。
あの声はなかなか出せんぜ。関心。
ライブも元気が良くてなかなか楽しかったが、
両脇のダンサーが気合入りすぎてて、
空回って見えたので、それを感じた瞬間テンション↓。
その直後、トイレ経由でバーカウンターへ(笑)
戻ってきてちょっと遠目から観戦。
最後の曲は良かった。


さあ、残りはMichi、ゲッカン・プロボーラー、Sweet Vacation
Michiはトリだろうが、はて次はどっちだろうかと思っているや否や
スイバケのメンバーがうろちょろし始めた。
次だ!
と思ってるうちに、DAICHIさんのブースのライティングON。
スイバケのロゴ投影開始。
俄然、テンション上がってきた。
そんなこんなで、フルバケーションシステムでライブ開始
バケーションシスターズを見るのも初めてでテンションMAX。
きたきた。

1曲目I miss you
フルバケーションシステムで見るとステージも、
より華やかで見ごたえがある。
ステージもフロアもみんな楽しそうだ。
続けて2曲目はSuddenly I See
バケーションシスターズと一緒に振りをあわせて
ステージ上を右へ左へ。
ん〜こういう演出も目の当たりにしたのは初めてなので
新鮮だった。
おお!3人で一緒に動いてるよ!って。(笑)
終了後MC
話題は
・新しい音源のリリース情報
待ってました!!
今1stアルバムを作ってると言うのは前々から知っていたが
どんどん全貌が明らかに!
記念すべきメジャー第1弾アルバムは2009/8/5発売!
タイトルは「pop saves the world!!」
ん〜。スイバケらしい。
スイバケ経済新聞(説明は後出)によると、曲は
14曲。初回限定DVD付のPVは4曲。
の予定とのこと
楽しみ〜
と思ってたら、その先行シングル
”あいにいこう〜I・NEED・TO・GO・〜”
が2009/7上旬に発売予定とのこと。
どうやら、価格は500でタワレコからの
完全限定シングルらしい。
的確に的を絞った、アルバム拡販作戦やな
俺は感心した!
・早稲田大学合格の話
お客さんに突然そそのかされて少々照れくさそうにその話題に。
DAICHIさんに、改めてちゃんと報告とかあるでしょと
問いただされていた。
ほんとに理解してなかったのか戒められておちゃらかしたのか定かではないが、
「意味わかんない。あとでね」
と。
かわいい。(笑)

ということで、お次3曲目はboys and girls
この曲もダンサブルな曲。
みんなノリノリだ。


でお次4曲目は新曲!
先行シングルのタイトル曲。
あいにいこう〜I・NEED・TO・GO・〜
曲が始まり。Aメロそこそこで
小室イズムたるフレーズが端々に聞いて取れた。
DAICHIさんは若い頃TM好きだったんだろうなぁ
というのがありありとわかる。
俺もTM大好き!
MARIA CLUB
SPANISH BLUE
RAINBOW RAINBOW
1974
とかとか。
当時は新しいと思って聞いてたけど今聞くとちょっとレトロ。
ん〜、でも気合入ってるなこの曲。
すばらしいです。
ノリノリで超キャッチー!
ずばっと切り込んできた。
サビのメロとフレーズがやばい。
”あ〜いにいこう〜I・NEED・TO・GO〜♪”
というところの押し出しが最高。
初めて聞いてサビを完全に覚えた。
音源が楽しみ。

MC
・ライブの情報
5月は
16日のタイフェスin代々木公園
30,31のタイフェス
30だったか31だったかの名古屋でのライブ
6月は
下旬にライブか集中していて
20日はタイでライブ
23日の逗子
27日の渋谷LUSH
が覚えてる範囲。
ほんとは全部行きたいが、一人で遠出はちょときつい。
ガンガン良く友達がいれば、時間を作って行きたいなぁ。
だれかいないかなぁ。
毎回見る人もいるけど、小心者なんでライブハウスとかでは
あんまり声は掛けられないし。

お次はgoonie's good enough
サビのところの手首をクイッとやる振り付けが
以外でいい!
ただ、毎度毎度ではあるがファミコンの映像がフラッシュバックしてしまう。(笑)
となると、DAICHIさんはこの曲をファミコンの思い出から作ったのか、
映画の思い出から作ったのか気になる...
世代的にはファミコン世代でもあるし。
ん〜気になる。

最後はお決まりI feel so good
みんなここぞとばかりに振り付け。
苦笑いしてみてる人もいたが、
やってみれ!楽しいぞ(笑)

と言うことで今日も満足
前のほうでファンの皆さんとと一緒に見れたし
楽しい環境で見れました。

終了後、MCのときに新t-shirtsがあまり数が無いということで
ここもライブ直後に購入。

いろんな意味で、満足だし気分も安定。
と思ったら、またバーカウンターに足がするすると...
今日はもう止まらないみたいです。
と言うことで、当初の期待もそこそこに消化試合的な
テンションになってきた。

と言う間に、ゲッカン・プロボーラー
なんか変なキャラクターがいるなぁなんて思っているうちに
さらっと足をすくわれた。。。
スゲーかっけ〜!
曲もすごく良くてお客さんもテンションもアゲアゲ。
ライブ運びも風格がにじみ出ている。
何しろ楽曲のよさもさることながら、
視覚的にもしゃべりも楽しい。
要するにライブが楽しい。
あとからいろいろ見ていると、やはり長いことやっておられる
ようでライブを見れば納得。
非常にいいものをみた。
パンダの軍団が出てきたり、あそび心も満載。
ライブたる物を見た。
感謝。
ただ、ガン飲みしながら見たのでそろそろふらついてきた。
もう何杯目かな。。。数えられなくなった。

いよいよ最後のMichi
皆さんも知っているのではないかと思う。
宣伝で”kiss,kiss,kiss〜〜♪”って歌ってる彼女です。
大型な人(新人かどうかは知らん)らしいのでちょっと期待。
ライブが始まると、やはり実力は本物。
堂々とした風格がすごい。
歌も文句無しに上手い。
素直に良い歌い手さん。
ただ、強烈な独自性が無いので特に興味は湧かないなこれでは。

もうちょっとこうなんか引っかかりみたいなもんが
あるかもと期待してたけどそれは無いようだ。
おそらく、名の通るメジャーなアーティストに
なっていくのかな。
今現在でも、結構名は通っていると思うけど。
何か世間を揺さぶるまでの物は無いと思う。


そんなこんなで、ライブ終了。
終了直後にトイレに行って外にフロアに出たら、
「はけるの早!」
もう、かなりの人がいない。
そしてゲッカン・プロボーラーの物販が賑わっている。
なんじゃ?
と思って近づいていったら、閉店セールをやっていた。
そういや、ちょっと前からメンバーが変わって、
月刊プロボーラーからゲッカン・プロボーラーとして
再スタートしたから旧ロゴのグッズは叩き売りますとMCで
言ってたな。
月刊プロボーラーの青のt-shirtsが1000円だったか
2000円だったかで、ライブも良かったので手が伸びそうに
なったけど我慢して、フロアを一周して出た。
外でE-TRIPPER3のチケットも売っていた。
即座に列に並んでチケを購入。
そのあと今日のライブのアンケートをしてくださいと
言う声があったのでアンケートに答えることに
もう、泥酔までリャンシャンテンぐらいだったので、
結構グダグダ書きなぐったような。

帰りは副都心線でズドーンと帰ったけど、完全に
酔っ払いのグータラで寝てた。

この日もいい音楽と出会った。
ちょっと飲みすぎたけど....



♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
  MiRu way / Jaccapop
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
スポンサーサイト

コメント:

コメント:を投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

 
現在の時刻
プロフィール

か~~やん

Author:か~~やん

カレンダー&月別アーカイブ
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2018年08月 | 09月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


最新記事
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。