FC2ブログ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

”油断すると風邪”からのニセコ懐古録

ども。

ここのところ、三寒四温へ移行しつつあるのを徐々に感じるようになってきた。
でも、今夜は雪のようでお寒うございます。
でですね。
インフルエンザのワクチンを打っていたのをいいことに、ちょっと油断してたら
風邪をひいてしまって、おうちでオッチンしております。
先週は尾瀬岩鞍に泊まりで行ったんだけども、宿泊する夜、
なんかちょっと風邪っぽくなってきて、おそらくその状態で温泉にガッツリ入った
から悪化したんだと思う。
熱なし、のどが痛い。。。


ちょっと小ネタから。
毎日の通勤路でちょっと前まで有料道路だったバイパス的な道路を通るんだけども、
無料になってから、一段と商業車が多くなった。
川越市街地の外れまで、田園風景を突っ切る感じなので、気持ちが良かったんだけども
でかい車がやたら多くなったのであんまり気持ちよくなくなっってしまった。
その代わりにといってはなんなんだけども、面白いことに遭遇することが
ちょっと増えた。とは言うものの、運転しているのでなかなか証拠に収めることが
できないことも多いので、歯がゆいところ。
そんな中、ちょっと前に”!?”となった車を発見。

20120221_チョコレート輸送車01
?!
もれなく、驚いたこととおもいます。
なんと!
燃料かなんかを運んでいるのかと思いきや”品名:チョコレート”!
え~!こんなか全部チョコレートなの~~~~?!
ということはこれは”チョコレート輸送車”ってことか?
チョコレートが食えない俺にとっては、
”事故ったら、チョコレートまみれ!?”
と思ったや否や、この車の後ろを走るのがちょっと怖くなった。(爆)
しかし、チョコレートはこんな車で運ばれることがあるのね。。。。


さてさて。
先々週のニセコ!
以下に映像メインでお届けいたします。

20120212-16_北海道ニセコ01
行きにのったANAのジャンボ。
ポケモン仕様!

20120212-16_北海道ニセコ02
行きの新千歳で先輩が買ったおにぎり。
早くも北海道モード。
うまそう!

20120212-16_北海道ニセコ03
1日目滑走終了後、宿について着替え中。
先輩に盗み撮られた。
細い躯に真っ黒なアンダーウェアだったのが面白かったらしい。
モジモジ君黒仕様。

20120212-16_北海道ニセコ04
2日目朝の羊蹄山。
天候も回復したと思われます。
到着した日というと、比羅夫のセンターフォー降りたとこで、
猛吹雪&-17℃、、、、
比羅夫エリアのゲレンデの結構下のほうなんですけどね。。。。
人生で一番の吹雪を体感しました。
いままで、感じたことがない寒さ。
いろいろなところから寒気が突き抜けてくる。
バラクラバの通気孔からものすごい寒い空気が。
ガチガチでございました。
幾度となくニセコに来ている先輩もこんなのは初めてだと言っていました。
”北海道なめるなよ”
ニセコさんにそういわれているように感じましたです。


20120212-16_北海道ニセコ05
朝、山頂へのゲートが開いておらず。
その周りを滑ろうとしているところ。
これスインギングモンキー(リフト名)から下を見た景色かな。
ニセコグランヒラフにはシングルが数本あります。
この景色は、ワクワクというより他無い。

20120212-16_北海道ニセコ06
いつ前の写真と同じ撮影位置から上を見た景色。
写っているのは俺。
ニセコグランヒラフにはシングルが数本あります。
超ワクワク状態。

20120212-16_北海道ニセコ07
3日目10時半ぐらい。
結局、山頂へのゲートは、ニセコへ到着してからいまだ開かず。
花園第3クワッドを降りて、ちょっと上った地点。
奥に見えるトラバースのあとの方向にずっと奥にトラバって、
ノートラックを降りようとしているところ。
ウハウハゾーン目前の俺。

20120212-16_北海道ニセコ08
もういっちょ!

20120212-16_北海道ニセコ09
イェイ!

20120212-16_北海道ニセコ10
降りきった後。
ハイクアップで滑走エリアまで戻っているところ。
奥の横に走っている道の右手に降りてきて上に戻っていく。
戻るのがしんどいけど、これもノートラックを滑るための代償と
思えば喜んで歩きますよ!
奥の山肌に楽しそうなトレースが見えますな。

20120212-16_北海道ニセコ11
上と同じ撮影地点からちょっと上を見たところ。
向かって左上の山肌に木が無いところから、ここらへんまで下りて来る。
もう楽しすぎて。

20120212-16_北海道ニセコ12
同日12時。
めでたく山頂へのゲートが開き。
ハイクアップして山頂へ到達し一服しているときに
上ってきたところを見たところ。
山頂からの幸せな時間を得るべく、雪が大好きな人々が上っている。
なにか巡礼のように見えるな。

20120212-16_北海道ニセコ13
山頂の非難小屋の前にて。
ニセコさんありがとう。
天を仰ぐポーズ。
これから至高のひと時が待っているわけで。

この日はウハウハ続きでここ以降写真撮れてません。
どういうとこ降りたのか写真撮っとけば良かった。
ここはアンビリーバボーな楽しさです。

20120212-16_北海道ニセコ14 20120212-16_北海道ニセコ15
最終日滑り収めた直後の昼食。
3日目は天気が良かったばかりか、気温もかなり上がってしまい。
半ば春スキーのような感じになってしまっていて、
最終日のゲレンデコンディションが心配だったけど、
3日目夜に結構どさっと降ったらしく、コンディションを戻してきた。
センターフォー左手のスーパーコースの奥のほうを滑ったとき、
軽くひざぐらいまでは積雪があった。
ニセコさんおそるべし。
何気に最終日が一番だったのではないかな。
移動のため昼で打ち切りだったのが、かなり悔やまれた。
それぐらい良かった。
良質な海産物を食って滑り収め。

20120212-16_北海道ニセコ16
同日。
札幌後泊ということで、札幌に移動しての夕飯。
北海道の冬といえ海鮮でしょう!
これは何だったかな。
かえるのなんかだったような。

20120212-16_北海道ニセコ17
海鮮盛り合わせ。
日本人でよかった。

20120212-16_北海道ニセコ18
石狩鍋を頼んでその後の雑炊。
火を止めて卵をいれ、ふわふわに。
いくらおなかいっぱいでも入ると思った。


20120212-16_北海道ニセコ19
明けて、朝から札幌観光。
レンタカーを借りて観光することに。
この日は、ばかっ晴れで、外は道路含め真っ白。
これは焼けてしまうとあわてて日焼け止めヌリヌリ。
まずは大倉山へ
ジャンプ台をはじめてみた。
ひえー
こんなとこ降りるのか。
しかし、競技場自体はそんなに広くないのね。
テレビで見た感じではもっと開けたところにあると思っていたが。

20120212-16_北海道ニセコ20
滑走路正面からみた。
こんな感じ。
しかし、こんなとこ猛スピードで降りるのか。。。
信じられん。

20120212-16_北海道ニセコ21
ジャンプ台のふもと付近からみた札幌の街。
ん~さわやか。
でも、ごっつい寒い。

20120212-16_北海道ニセコ22
お次は、サッポロビール園へ。
入り口そばにあった巨大雪だるま。
何の意味があるのか不明。。。
いらないような。。。

20120212-16_北海道ニセコ23
レトロなレンガ造りでございます。

20120212-16_北海道ニセコ24
昔のビールのラベル。
しかし、この3本は同じ会社の商品だとは。

20120212-16_北海道ニセコ25
1升とか2Lのビンもあったのね

20120212-16_北海道ニセコ26
帰りの新千歳のお土産売り場のある海産系店舗の蟹。
でか過ぎたので思わずパシャリ。


あ~たのしかった。
日本人でよかったです。
また行きたい。




ここのところバイオリズムが急上昇してきたようで、
仕事の面でもいいことが出てきた。
いろいろとなんかウキウキする。
こんなときはWhite Lionなんかを大音量で聴きたい。
しかし、この曲。いい曲だ。
Vito Brattaのソロは神だな。
GOIN'HOME TONIGHTのソロなんかはすばらしすぎて泣けてくる。

あでゅ。


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
Wait / White Lion

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
スポンサーサイト
 
現在の時刻
プロフィール

か~~やん

Author:か~~やん

カレンダー&月別アーカイブ
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2012年02月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -


最新記事
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。