FC2ブログ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワイン

当方ブログには酒にまつわる記載が多いのはなんとなくお分かりだろう。
・酒が好き
・酒の場が好き
・酒の乗りが好き(多岐にわたる。深い)
・酒での失態を謝罪
・ビールが好き
・ウィスキーがきらい
なんと言っても飲みにケーション好き!
これなのだ!

とは言いながらも、学生の頃から酒は大好きなんだけれども、
それほど酒を知っているわけではない。
むしろあんまり知らないと思う。
数えれば多分すぐ終わってしまう。
と、思うにおそらく酒の場が好きという範疇に完全に収まっていたんだと思う。
”酒が好き”なんではなく、酒の場が好き”だったということだ。
まあ、これは前々から自覚はしていた。
ただ、これは”酒が好き”を知らない自分の思いにすぎなかったでことがわかった。
以下!

ある日、ある打ち合わせのため会社の同僚の新婚の新居を使わせてもらうことになった。
そいつの奥さんはいっぱしの肩書きの高給取りということで、新居は立地も極上で
いい部屋だった。
お邪魔した面々一同、
「いい部屋だなぁ〜」
といいながらも、そうも言っていられないので、そそくさとダイニングテーブルに
座ってノートPCを前に打ち合わせを始めた。
真剣に始めたかと思うと、夫ともう一人はすぐにみんなビールを飲み始めた。
見渡すと、のん兵衛ばっかりだ....
「ああ。まともな打ち合わせはできない」
と思ったが、
「ここで俺も参加してしまっては、すぐに飲み会になってしまう。」
と思ったので、わざとrejectな感じを出しつつ、勝手に注がれた酒に
全く手をつけず、打ち合わせを続けた。
こうこうしているうちに、奥さんが新婚とは思えないぐらい手際よく料理していて、
ガンガン料理が出てくる....
うお〜いい匂い。見た目も完全に目移りする。うまそう。
ああ、罪な...
ちなみに、この奥さんは夫に負けじと酒が好きで、赤提灯に入るとすぐに
焼酎お湯割を頼む感じらしい。非常にうらやましい限りだ。
と、出てきた品を口にしてみるも、
「うまい!」
奥さんにしてみれば、どっかに乗っていたものをそのまま再現しただけだそうな。
工作と同じやんなとの俺の発言に奥さんからの概ねも同意を得るも理系ならでは。
(ごめんね〜。あれは簡単じゃないと思う...)
そんなこんなで、奥さんもテーブルに座り、案の定全員酒に負けた状態で
今回のブログの真打登場。
ワインだ!
少なくとも、これまでの俺はワインなんて美味いなんて思ったことは1度たりとも無い。
飲む機会はちょくちょくあって、高いのも飲んだことはあるが、美味いと思ったことは
一度も無い。
ウィスキーのように嫌いではないが....
この夫婦は最近ワインにははまっているようで、
「このワイン美味いんだよ」
と、開栓済み保存キャップ付き残量半分のワインを注いでくれた。
こんな風に言われてワインを注がれたことは初めてではないので、
そのときも全然期待していなかったが、一口の無や否や

完全に美味い。
ガーンときた。

その当時、その理由はざっといくつか考えられた。
?純粋にそれが自分の好みであった。
?今まで、まずいワインばっかり飲んでいた。
?ワインの切り口では、自分の好みがマイノリティーであった。
?そのときの料理がワインに合っていた。
?そのときのシチュエーションがワインに合っていた。(?)
?自分の気が変だった。
?同僚の新居が素敵だった。
and so on....
まず、今現在の状態で確認している状況でありえないのは
?そのときのシチュエーションがワインに合っていた。(?)
?自分の気が変だった。
?同僚の新居が素敵だった。
で、
今、しがない自宅でそのときと同じワインを飲んでも手放しで美味い。
そのときの印象と何ら変わりない。

次、
不明なのは
?今まで、まずいワインばっかり飲んでいた。
?ワインの切り口では、自分の好みがマイノリティーであった。
で、これに関しては、ワインの虜になってしまった以上突き詰めるべき項目となる。
断続的にではあるが、個人の解釈をブログに記述する機会があるだろう。

当時断言できるのは
?純粋にそれが自分の好みであった。
?そのときの料理がワインに合っていた。
だ。
?はみんな同意だと思う。究極的には俺にしかわからないし...ゴメンなさい
?は当時は良くわからなかった。
が色々調べてみて一部状況を再現してみると、事情としてはかなり大きいことが
わかった。

で、ワインにはまった俺の趣向は...(むっちゃ調べた)
・ワインととしてはかなり安い(ビンテージとかはよくわからんけど...)ことが多い。
・最高級のワインの味を知る人を含めて、熱狂的なファンがいる。
・そういうカテゴリが存在する。(生産地&葡萄品種)
...
である。
これを見ただけでいろいろなことがわかる人がいると思うし、
「素人!」
と思う人は多いと思う。
でも、教えてください。
いま、猛勉強中です。
ゆくゆく、フォルスターのセラーがほしいです。

戻りますが、ワイン好きの人!
自分はまだかなりしがないかもしれませんが
もれなく絡んで下さい!
お願いします。
ワイン万歳!

あ!ワイン自体の俺のインプレを書くのを忘れた...
次回!
稚拙ですよ。
でも、勘弁。


スポンサーサイト
 
現在の時刻
プロフィール

か~~やん

Author:か~~やん

カレンダー&月別アーカイブ
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2008年02月 | 03月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -


最新記事
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。